宇宙&自然&エコ Feed

2009年5月23日 (土)

火星に大規模な地下水脈の跡を発見

火星に大規模な地下水脈の跡を発見

ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト5月22日(金) 16時50分配信 / 海外 - 海外総合
写真を拡大する
火星に大規模な地下水脈の跡を発見
火星の巨大なビクトリアクレーターにあるセント・ヴィンセント岬のカラー合成画像。
(Photograph courtesy Steven W. Squyres)

 太古の火星では、形を頻繁に変える砂丘の下にアメリカのオクラホマ州の面積(約18万平方キロ)に相当する大きさの地下水脈が隠れていたという。この事実がNASAの火星探査車オポチュニティによって突き止められた。

 オポチュニティは2004年にも、かつて火星に地下水が存在していたことを示唆する鉱物とブルーベリー形状の岩石をエンデュランスクレーターで発見している。

 そして今回また新たに、水の存在を示唆する同様の痕跡をビクトリアクレーターで発見した。このクレーターはエンデュランスクレーターから約6キロ離れた位置にあり、クレーターの側面には珍しい岩石層も見つかった。これは古代の砂丘が石化して残されたものと考えられている。

 アメリカのニューヨーク州にあるコーネル大学の教授で、火星探査車プロジェクトのリーダーでもあるスティーヴ・スクワイヤーズ氏は次のように解説する。「火星の水は局地的にオアシスを形成していたのではなく、もっと大きな範囲で地形を形作っていたのではないかと考えられていたが、今回の発見でその仮説が証明されることになった。数キロ離れた2カ所で同じ地形が発見されたということは、その地形形成プロセスがこの地域の大部分で作用していたことの証左となるかもしれない」。

 また同氏は、「水が生命にとって不可欠な要素だというのは多くの科学者たちの共通した考えだ」とも指摘した。

 2006年、火星探査のプロジェクトチームはビクトリアクレーターにオポチュニティを送り込むかどうか長い間決めかねていた。クレーターに入るには起伏の激しい地形を通らなければならず、老朽化した探査車の操舵システムや車輪では耐えられない可能性があったからだ。なんらかの故障が発生すれば、オポチュニティは二度とビクトリアクレーターから出られなくなる。ミッションの責任者はそう危惧していたのである。

「リスクはあったが、このミッションを実行に移して良かった。新たな発見があったのだから」とスクワイヤーズ氏は言う。オポチュニティは2008年8月にビクトリアクレーターを無事抜け出し、現在は約13.5キロ離れた場所にあるさらに大きなエンデバークレーターへ向かってゆっくりと前進している。

「実際にビクトリアクレーターの中に入って確認する以外に、水脈の規模を知る術はなかった。ただしクレーターに入るだけではだめで、無事に抜け出して初めて任務完了となる」と同氏は話した。

 今回の研究結果は、今週発行の「Science」誌に掲載されている。

Ker Than for National Geographic News

2009年5月12日 (火)

希少動物の天国、南米ガラパゴス諸島

こんなところ、1ケ月も行ったら鬱病治るかもweep

希少動物の天国、南米ガラパゴス諸島

自然の写真撮りたいんだけど、家からでれないんだよなweep

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた「コホーテク星雲4-55」

ただみとれるばかりhappy01

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影してきた美しい天体

宇宙は偉大だねhappy01

2009年5月10日 (日)

インドネシアの美しい景色

心が安らぎますねhappy01

2009年5月 9日 (土)

ナポリの動物園でライオンの赤ちゃんが誕生

これも・・・cat

グレビーシマウマの赤ちゃん、ドイツの動物園で一般公開

こんなニュース多い日が良いですねhorse

2009年5月 7日 (木)

おおぐま座の渦巻銀河

宇宙の不思議はまだまだ沢山happy01

お母さん大好き!人工授精で生まれたシロサイの赤ちゃん

ちょっと、今日は動物ネタでも喜べないsign03・・・サイ君には申し訳ないけど・・・coldsweats01

休憩場所

動物&自然

ウェブページ

Powered by Six Apart
Member since 04/2009